レディー

乾燥を防ぐには

スキンケア

老化が早まる

いつまでも綺麗な美肌を保つために、肌の乾燥予防はとても大事なことです。肌から水分が失われてしまうと乾燥肌になります。乾燥肌になると外的ストレスに弱くなり、組織の劣化が早まります。肌の老化スピードが早くなり、同年代の友達よりも小じわが多くなったり、ほうれい線が目立ってきたりします。乾燥肌を予防するには、スキンケアでしっかり保湿をすることが大切です。ただし、スキンケアをしすぎると肌に負担になることもあるので注意が必要です。保湿効果が高い化粧水をたっぷりつけることは大事なことですが、強く肌を刺激しないことが重要です。コットンパックをしすぎると逆に肌から水分が奪われるので、パックのしすぎも要注意です。

肌内部のうるおいを高める

真皮層には線維芽細胞という細胞があり、コラーゲンやエラスチンを作っています。老化と共に線維芽細胞の合成力が衰えてくると、コラーゲンやエラスチンの生成力も低下します。コラーゲンやエラスチンはヒアルロン酸を支えている組織なので、ヒアルロン酸の低下にも繋がります。ヒアルロン酸は肌の水分を保っている大事なうるおい成分です。コラーゲンやヒアルロン酸には高い保湿効果があります。乾燥肌を改善したいならおすすめのスキンケア成分です。また、コラーゲンを経口摂取すると線維芽細胞が活性化するので、肌のうるおい度アップに繋がります。スキンケアで肌を保湿し、コラーゲンサプリでインナーケアをすれば乾燥肌改善効果が高まります。